FC2ブログ
2011/10/03

第1回GNGサイエンスセミナー

みなさま、こんにちは
GNGの畑山です。

去る9月29日(金)、第1回GNGサイエンスセミナーを開催いたしました!
写真を交えて振り返ってみたいと思います。(*写真はクリックすると拡大されます)

テーマは「食品のヘルスベネフィット評価に対する提言」
健康食品のエビデンスをビジネスにどう活かすか・・・
が論点となっています。

味の素株式会社 イノベーション研究所より小山主席研究員、
同社 健康ケア事業本部より桑島専任部長をお招きし、
味の素様での事例をお話頂きました。

1サイエンスセミナー1
[開演前の様子です]

開始の際、マイクの電源が切れていたというハプニングがあり、
バタバタしてしまい、失礼いたしました・・・

最初の講演は、味の素㈱健康基盤食品である「紅花ポリフェノール」開発を
手掛けた小山様です。食品における「科学的根拠」の考え方をはじめ、
同社で実施されたヒト試験、動脈硬化を抑制するメカニズムなどについて
ご教授いただきました。

1サイエンスセミナー16 1サイエンスセミナー2
『基礎研究とヒト試験のはざま ~紅花ポリフェノールの開発を例にして~』
味の素株式会社 イノベーション研究所フロンティア研究所
健康栄養研究グループ 主席研究員 小山 直人氏


続いて、同じく味の素㈱様の健康ケア素材「カプシエイト」を日米マーケットで
展開する立役者となった桑島様より、素材開発のプロセスから、ヘルスベネフィ
ットを持つ素材を日本国内のみならず海外でも展開するための研究活動、それを
活かすためのマーケティング視点などについて、ご教授頂きました。


1サイエンスセミナー17 1サイエンスセミナー6
『ヒト試験とマーケティングの間を繋ぐもの ~日米の市場開拓事例より~』
味の素株式会社 健康ケア事業本部 健康ケア開発企画部
専任部長 桑島 武史氏



3講演目は、元味の素㈱顧問で、現在弊社の顧問として7月より就任いたしました
高橋 迪雄先生です。今回のメインテーマである「健康食品とエビデンス」について、
我々がなぜ健康食品を必要とするのか、ヒトの進化の歴史から実証し、健康食品のR/Dの
あり方について、ご提案頂きました。

1サイエンスセミナー15 1サイエンスセミナー8
『健康食品の創出とエビデンス ~“実体験”からのインプリケーション~』
株式会社グローバルニュートリショングループ 顧問 高橋 迪雄


『質疑応答・ディスカッション』
1サイエンスセミナー9

講演者の方々とのディスカッション形式の質疑応答では、
時間オーバーとなるほど、熱の入った議論が交わされました!


1サイエンスセミナー18
『GNGからのお知らせ』
株式会社グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛

≪懇親会≫
セミナーの後は、出席者の皆様にご参加いただき、
懇親会の場を設けました。

1サイエンスセミナー11
UBMメディア株式会社 代表取締役 牧野様より乾杯の挨拶を頂きました

1サイエンスセミナー12 1サイエンスセミナー13
皆さんお話が盛り上がっております

1サイエンスセミナー14
最後は高橋顧問の挨拶で締まりました

1サイエンスセミナー19
最後まで、多くの方々が残ってくださいました


ご来場された皆さま、お忙しいところお集まり頂き、
本当に有難うございました


セミナー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示